いぼ痔(痔核)の治し方・予防法【原因は便秘やいきみ】

痔の治し方 サイトマップサイトマップ

いぼ痔(痔核)の治し方

トップページ > いぼ痔(痔核)の治し方

いぼ痔(痔核)の症状

いぼ痔の症状

■状態

直腸や肛門周囲の静脈を含んだ肛門を閉じる役割をするクッション部分がうっ血して膨らんだ状態。
このいぼ痔(痔核)が、歯状線より外側にできたものを外痔核、内側にできたものを内痔核と呼びます。




■外痔核の症状

・肛門の外側の皮膚には知覚神経(痛覚を感じる)が通っているため、痛みを感じることがほとんどです。
・急性の炎症を起こし、腫れて激しい痛みを伴うことがあります。
・排便に関係なく出血する場合があります。

■内痔核の症状

・通常、痛みは感じません。排便時に出血がみられたり、肛門から脱出(脱肛)したりして始めて気づくケースが多い様です。脱出してしまうと炎症などによる痛みが生じます。
・肛門に何かぶら下がった様な異物感があります。
・便器が真っ赤になるほど大量の血が出る場合もあります。



    
    

いぼ痔(痔核)の原因

■原因

・排便時のいきみや便秘により、肛門部への刺激や負担がかかることが原因です。
・長時間、座ったままや立ったままでいると肛門がうっ血して起こりえます。
・便が硬いと肛門の粘膜を傷つけ炎症を起こし、いぼ痔(痔核)を発生させてしまうケースもあります。
・妊娠してお腹が大きくなると子宮が周りの血管を圧迫し、肛門もうっ血します。出産時の強いいきみもいぼ痔(痔核)を誘発してしまいます。

いぼ痔(痔核)の治し方・予防策


チェックポイントチェックポイント①

外痔核は生活習慣の改善で治る

外痔核の場合、生活習慣の改善で治ることも珍しくありません。
いぼ痔(痔核)は肛門部の血流が悪くなり、うっ血することで起こるので、血流を良くしてあげること。便秘を解消し柔らかい便が出るようにしてあげることが重要なポイントです。
便が硬くならないよう充分な水分補給を行い、辛いものやアルコール、タバコなどの刺激物は控えるようにしましょう。
血流を良くするために、入浴や座浴などで肛門を温めることも効果的です。
外痔核の場合、こうした生活習慣を心がけ肛門を清潔にし、薬(塗薬、座薬など)などを用いれば大体1~2ヶ月程で治ります。
ただし、激しい痛みを伴ったり化膿し悪化するような場合は早い段階で医師の診察を受けましょう。

おすすめの便秘改善剤 その①

善玉菌のチカラで便通異常を改善♪フジッコ 善玉菌のチカラ

痔の原因は便通異常!?体の中から痔を治すことが大切です。
フジッコが開発した乳酸菌「善玉菌のチカラ」は腸内環境を整え便秘や下痢などの便通異常を正常にしてくれる効果があります!体の中から健康的に痔を治しませんか?

森下仁丹ビフィーナS 公式サイトはこちら
 森下仁丹ビフィーナS 詳細・口コミはこちら 公式サイトはこちら

おすすめの便秘改善剤 その②

自然とスルリっ!下剤依存症専用「薬冶 おなか端麗」 薬治 お腹端麗

顧客満足度92.3%、累計販売数200万包を突破!お尻に負担をかけない便秘改善剤。

腸内環境に良いとされる天然食物繊維を90.3%も含む植物「プランタゴオバタ」が便秘の原因に優しくアプローチ。無理のない自然な排便を促してくれます。下剤(便秘薬)特有のキリキリした痛みや、いつ来るかという不安もありません。あなたも自然に「毎日出る生活」を体験してください。

おなか端麗 公式サイトはこちら
 おなか端麗 詳細・口コミはこちら 公式サイトはこちら 


チェックポイントチェックポイント②

内痔核は初期で治さないと大変!?

内痔核の場合、症状によって治療法が異なります。
まずは基本、外痔核と同様に生活習慣を改善することが重要です。
初期段階(脱肛してもすぐに戻る状態)であれば、生活習慣に加え、薬(塗薬、座薬、内服薬)を服用して治るケースがほとんどです。
しかし、重症化してしまった場合(脱肛しても元に戻らなくなったり、常に脱肛している状態)は、手術が必要となります。
治りが遅かったり痛みや違和感を感じたら早めの受診をしましょう。

おすすめの治療薬 その① 

ボラギノール(注入軟膏)【痛み・出血・腫れ・かゆみに効く 】

携帯に便利。4種の成分がはたらいて痛み、出血、腫れ、かゆみに優れた効果を発揮します!

痔の治療薬の中で一番のおすすめ!
注入タイプなので、患部や薬剤に直接手を触れず衛生的に注入することができます。
また座薬のように温度管理にも気を使う必要がなく、小さな容器に個別包装されているので自由に持ち運びできて便利です。
肛門の内部、外部両方に使えるのも助かります。

 ボラギノール 詳細・口コミはこちら 【第(2)類医薬品】ボラギノール A注入軟膏 2g×10個

おすすめの治療薬 その②

【なたまめ茶】 なた豆茶

なた豆は「膿とりの妙薬」
痔疾患の治療に、なた豆の薬効は効果あり!

なた豆は、昔から痔に効果があると言われています。
なた豆には優れた「排膿作用」「抗炎症作用」「血行促進作用」があります。
痔の中で膿を伴うものに痔瘻(あな痔)がありますが、いぼ痔(痔核)や脱肛にも効いたという結果もあり、痔全般に効果があると考えられています。
なたまめ茶を飲用することにより痔の早期改善が期待できます。


なたまめ茶
 なたまめ茶 詳細・口コミはこちら 公式サイトはこちら



便利なキャッシングサービス