あな痔(痔瘻)が男性に多い理由。

痔の治し方 サイトマップサイトマップ

あな痔(痔瘻)が男性に多い理由

トップページ > あな痔(痔瘻)が男性に多い理由

あな痔(痔瘻)が男性に多いのは何故?


あな痔(痔瘻)になる人の男女別の割合をみた場合、男性の方が圧倒的に多く、女性の約5~6倍となっています。
年齢層としては比較的、壮年者(30~40代)に多い傾向がみられますが、それに限らず乳幼児から老人までどの年代でも症状がみられるケースもあります。
また、割と体格のしっかりした方や肥満気味の方に多くみられる傾向もある様です。それでは、何故、男性の方があな痔(痔瘻)が多くみられるのでしょうか。

■男性の方が下痢になりやすい

あな痔(痔瘻)の主な原因は下痢にあるとされています。下痢はストレスやお酒の飲みすぎなどで起こりやすくなるため、仕事で常にストレスを抱えていたり、付き合いでお酒を飲む機会が多いなどの理由もあり男性に多い様です。

■男性の方が肛門括約筋が強い

男性の方が女性よりも肛門陰窩(こうもんいんか)が深いので、細菌が入りやすいのではないかという説もあります。男性の方が肛門括約筋が強いため、排便時にいきんだ時などに肛門陰窩へと細菌が押し込まれやすいのではないかという見解もあります。ただしはっきりとした理由は分かっていません。

⇒ あな痔(痔瘻)についての詳細はこちら

便利なキャッシングサービス