痔の悩みを解決。みんなの体験談。

痔の治し方 サイトマップサイトマップ

みんなの体験談 - 痔の悩み解決 -

トップページ > みんなの体験談

みんなの体験談 ~痔の悩み解決~

■体験談 その1

私は便秘がひどく、排便時の負荷が大きかったことが原因と思われるいぼ痔になってしまいました。痛みを感じにくい内痔核のいぼ痔だったので、出血によって初めて痔になっていることを知りました。今までも何度か出血はありましたが、それは切れ痔だったので、今回もそうかなぁとも思ったのですが、量が違ったのといぼが出てきたのとでいぼ痔と断定出来ました。
そこで私は、軟膏を利用することにしたのです。私が利用したのは市販のいぼ痔治療用の軟膏(ボラギノールA注入軟膏)です。
4つの成分が含まれていて、腫れやかゆみを抑える働き、痛みや痒みを沈める働きだけではなく、血液循環を良くしたり組織を修復したりする働きもあります。
但し、ステロイド配合と書かれていたので、利用に抵抗もあったのですが、放っておくわけにはいかなかったので利用しました。昔、子供がアレルギーでステロイド系の薬を塗っていたとき、自分の手が荒れてしまったことがあったので、ステロイドは怖いというイメージがあります。
なので途中、腫れが引いてきてからはステロイド非含有タイプの軟膏を使うようにしました。

携帯に便利で使いやすい容器だったので、効率良く軟膏を使うことが出来ました。使いきりタイプだったので、清潔さも良いと感じました。
軟膏のおかげで、なんとかその時のいぼ痔は治ったのですが、排便時の負荷が大きいままだとまたいつ同じ症状に陥るかわかりません。そこで今度は、便秘の改善を考えることにしました。それと同時に他のいぼ痔の原因(冷え、ストレスなど)についても対策を練ることにしました。
まず、血の巡りが悪いと良くないとわかったので、今まではシャワーのみでしたがお風呂に入るようにしました。適度な運動を取り入れたりもしました。食生活では、アルコール摂取を控え、食物繊維を意識して摂取したりもしました。とはいえ、仕事もあるのでなかなかバランス良く食べることは出来なかったので、サプリメントも利用しました。
こうして私は、痔というものがほとんど起きない体になっていきました。



■体験談 その2

中学生の時に、勉強のストレスが原因で便の状態が硬くなりました。1週間経っても便が出ないことも多くなり、便が出る時に力んでいるうちに切れ痔になってしまいました。
場所が場所だけに気持ちも落ち込み、さらに痛みが慢性的に続くので、とても大変でした。出血は普段はそれほどひどくありませんでしたが、排便する時に便に血が混じる感じでした。
便秘も続いて便が硬くなるので、とりあえず下剤を使って解消しようとしましたが、学校に通いながらだったので土日しか飲むタイミングがなく、それも部活でしばしば潰れてしまうので、下剤を使う方法はあまりうまくいきませんでした。下剤を使うと確かに便がゆるくなって出しやすくはなるのですが、すでに切れ痔の癖がついてしまって、出すたびに切れてしまうので、あまり改善にはなりませんでした。
ある時、10日間くらいずっと便が出なくて硬くなったのを排出した時に、大量に出血したことがありました。おそらく、出すために肛門を綿棒でつついてしまったのが原因だと思います。
出血したからといってさほど痛みはありませんでしたが、その後しばらくジクジクとした痛みが続きました。
切れ痔は座っていても痛かったので、治すために軟膏を使ってみることにしました。また冷えが良くないとのことなので体を冷やさないよう厚着をしてました。
薬を塗り続けて1ヶ月は変化がありませんでしたが、そのうちに便秘が改善して、切れ痔の症状も落ち着いてきました。便秘がひどくなっていた期間はちょうど冬だったので、季節的な問題もあったのかもしれません。
その後は切れ痔には悩まされないようになりましたが、便秘になった時にヒリヒリと痛むことはありました。特別病院に行ってみてもらったわけではありませんが、便秘が解消されれば、塗り薬でも十分対処できました。もう二度となるのはごめんですが、治ってよかったです。


便利なキャッシングサービス