痔と間違えやすいよく似た症状の病気。

痔の治し方 サイトマップサイトマップ

痔と良く似た症状の病気

トップページ > 痔とよく似た症状の病気

痔だと思ったけど、実は違った?


お尻のトラブルで、腫れや痛み、出血などがあると一見「痔かな?」と思ってしまいがちですが、実は別の病気だったというケースも希にあります。
そして、もしかすると命を脅かすような大変危険な病気の可能性もあるのです。
特に、痔の経験がある人は腫れや出血に慣れてしまって放置してしまい、結果病気の発見が遅れてしまったというケースも少なくありません。
少しでも違和感を感じたら早めに病院を受診しましょう。





痔と間違えやすい病気

■出血がみられる場合


大腸がん
痔の症状と同じように肛門から出血や血便がみられます。通常、痔の出血は赤い鮮血ですが、大腸がんの場合は暗赤色(黒ずんだ赤)をしています。但し、がんが肛門の近くにある場合は鮮血となりやすく初期症状を見逃してしまいがちです。症状が長引いたり、出血が続く場合は医師の診断を受けましょう。

大腸ポリープ

大腸の表面(粘膜層)にできる突起物(いぼ状)のことです。
大腸ポリープは特に症状が現れないことが多く、健康診断や人間ドックなどの折に見つかるケースがほとんどです。肛門近くにできたポリープの場合、内痔核と間違えやすいので注意しましょう。ポリープが大きくなるとがん化してしまう可能性があるため切除する必要があります。

潰瘍(かいよう)性大腸炎

原因不明の炎症を起こす炎症性腸疾患のことです。直腸の粘膜が炎症を起こし大腸全体へと広がってしまう恐れがあります。炎症箇所からの出血が、便と混じり血便となって出るため、内痔核の症状と勘違いしやすいです。ただ下痢や発熱、腹痛などといった症状も見られるので早めに病院を受診しましょう。

■腫れがみられる場合


クローン病
クローン病は炎症性腸疾患の一つで、口から肛門に至る消化管のあらゆる箇所(主に大腸や小腸)に炎症や潰瘍を起こしてしまう病気です。主に10~20代の若い人に見られるケースがあります。発症すると腹痛、下痢、体重減少といった症状がみられますが、肛門も腫れ、痛みやかゆみなどの症状も出るので痔と間違えやすい病気の一つです。但し、実際にクローン病になると切れ痔や痔瘻といった症状も併発することも多くみられます。

直腸脱(ちょくちょうだつ)

直腸脱は肛門から直腸粘膜、または直腸全層が脱出してしまう病気です。一見、内痔核脱肛と似ているので混同されがちですがその違いは明確です。内痔核はできものですが、直腸脱は直腸自体が肛門の外へ飛び出すことになります。しかし初期の段階では見分けがつけづらいかもしれません。市販薬では対応できないので疑わしければ受診をしましょう。

膿皮症(のうひしょう)

膿皮症とは肛門周囲にある汗腺(汗を分泌する場所)に炎症が起こり慢性化した病気のことです。細菌が繁殖し、周囲の汗腺に飛び火し膿の溜まりを作ってしまいます。皮膚に複数の膿の出口ができて、これを繰り返すことにより皮膚も厚くなり黒ずんでしまいます。完全に治すためには手術が必要です。
一見、膿のトンネルができる痔瘻と似ており、また痔瘻と併発して起きるケースもあるので勘違いしやすい病気の一つです。

■かゆみがある場合


肛門周囲湿疹
肛門やその周辺にかゆみがある場合、肛門周囲湿疹の可能性があります。かゆみには色々な病態によるものがありますが、多くが湿疹や皮膚炎によるものです。
痔と良く間違われやすいのは、かゆいからといって掻いてしまうと皮膚を傷つけてしまい痛みや出血を伴うためです。市販の薬を用いても、症状が改善されない場合は病院を受診しましょう。

尖圭(せんけい)コンジローム
尖圭コンジロームとは、肛門周辺に小さな「いぼ」がたくさんできる症状です。酷くなるとカリフラワー状の大きな腫瘤を形成するものもあります。ウィルス感染が原因とされています。初期は自覚症状はありませんが、悪化してくるとジメジメしたりかゆみが強くなるため痔と勘違いしやすい症状の一つです。

■痛みがある場合


特発性肛門痛
切れ痔やいぼ痔などの肛門の病気がないのに痛みを感じます。
夜に痛みが発生することが多く、ギューと締め付けられるような痛みが特徴です。詳しい原因は分かっっていませんが、神経や肛門括約筋の過度な緊張が有力な説とされています。根本的な治療法はなく、入浴は心身の緊張を和らげるのに有効です。便が溜まったりすると肛門括約筋が過剰に反応を起こすので、便意をも感じたらすぐに排便し便を溜めないことが望ましいです。座薬や軟膏が有効な場合もありますが、かえって症状を悪化させる場合があるので注意が必要です。

肛囲毛嚢(こういもうのう)炎
肛門にある毛嚢(毛根を包む箇所)に炎症が起こります。細菌感染症の一種です。
膿が出たり、腫れを伴うことから痔瘻と勘違いされやすい病気です。肛門を清潔に保つことをこころがけ、痛みや腫れの症状が酷い場合は医師に診てもらいましょう。




便利なキャッシングサービス