乳幼児痔瘻とは。

痔の治し方 サイトマップサイトマップ

乳幼児痔瘻とは

トップページ > 乳幼児痔瘻とは

男の子だけにみられる「乳幼児痔瘻」


乳幼児痔瘻とは、生後1~3ヶ月の赤ちゃんに発症する痔瘻のことで決して珍しいケースではありません。大人のあな痔(痔瘻)とは異なります。男の子に多くみられるという特徴があります。

■状態

痔瘻の状態が単純で痔瘻のトンネルが浅く直線的です。大人のあな痔(痔瘻)は肛門後方に多くみられますが、乳幼児痔瘻の場合、位置が側方に限定しています。

■症状

・肛門側方(右側や左側)が腫れ皮膚が赤くなります。
・発熱する場合があります。
・膿が溜まり、自然に破れたり切開して膿が出るとその出口が形成され排膿が続きます。出口が塞がり治ったかとまた腫れてと上の症状を繰り返します。

■原因

下痢や軟便が続いた後、肛門が赤く腫れ、膿を持つようになり起こります。
おむつかぶれによって細菌が皮膚から感染するものと、肛門の奥の腸からの炎症が皮膚に及ぶものがあるようです。
何故、男の子にだけ発症するのか詳しい理由は分かっていませんが、一説ではホルモン因子が関係しているのではとの見解もある様です。



乳幼児痔瘻の治し方


チェックポイントチェックポイント

まずは病院での受診を

乳幼児痔瘻は、大人のあな痔(痔瘻)とは異なり手術や入院が必要となることはあまりありません。ただし、膿を出すために初めに簡単な切開をする必要はあります。治るまでに時間がかかるケースもありますが、ほぼ全例が自然治癒です。
受診後は、医師の診断をもとに経過観察してください。

1)初回診察時に患部を切開
2)あとは自宅で、硬結を絞り膿を出してあげてください。
3)他はいつも通りの生活で問題ありません。お風呂もOKです。
4)通院の有無については医師の指示に従ってください。

おすすめ商品アイテム

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》 赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ Dolci Bolle

赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。余計な成分は使わず、優しい無添加石けんです。

楽天市場ベビーソープ部門売上第1位。
配合している成分は、全て赤ちゃんの繊細な肌に良いものを使用しています。
余分な成分は使わず、必要な洗浄力、必要な保湿力を持たせ赤ちゃんのピュアなお肌を優しく清潔に整えてくれます。

赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ Dolci Bolle
 無添加ベビーソープ【Dolci Bolle】 詳細・口コミはこちら 公式サイトはこちら 




便利なキャッシングサービス