痔の治し方と予防法。自分の症状と原因を理解しよう。

痔の治し方 サイトマップサイトマップ

痔の治し方と予防法。自分の症状と原因を知り正しい治療をしよう。自分で治す方法。

放っておくと危険な「痔」


つらい痔の症状で悩んでいる方は、実はたくさんいらっしゃいます。
その割合はなんと日本人の約3分の1とも言われているのをご存知ですか?
自覚症状の無い人、恥ずかしくて周囲に相談できない人も含めればその数はもっと多いと言えるでしょう。

もし痔になっても、あまり痛みもないし、出血も酷くないからといって放っておいてしまうのは大変危険です。
後々、激しい痛みを伴ったり、慢性化してしまう恐れもあります。
そして、結果的に大手術をする事になってしまったという事態になりかねません。

そうならない様に、できるだけ早期の段階で治療し、再発を予防することが重要です。ここでは痔の症状や原因をはじめ、痔の治し方、予防策についてご紹介していきます。



あなたの「痔」の症状はどれですか?


痔の症状を大きく分けると、切れ痔(裂肛)いぼ痔(痔核)あな痔(痔瘻)の3つがあります。
痔を患っている方の6割以上が、いぼ痔(痔核)で、残りを切れ痔(裂肛)、あな痔(痔瘻)が占めています。
また、痔の症状別に男女比を見てみると、切れ痔(裂肛)は女性に多く、反対にあな痔(痔瘻)は男性に多く見られます。いぼ痔(痔核)は男女共に半々程度です。

痔になる一番の原因は「便通異常」、つまり「便秘」「下痢」にあります。
早く治して楽になるためには、自分の痔の症状や原因を良く理解して、正しいケアをこころがけましょう。症状別の痔の治し方をご案内します。



当てはまる症状を選択↓↓↓


切れ痔でお悩みの方はこちら

いぼ痔でお悩みの方はこちら

あな痔でお悩みの方はこちら


太陽光発電

スマートフォン版